骨造成治療について

再生療法・骨造成治療について

「骨がやせているから……」「インプラントの本数が多いので……」と、
「インプラント治療はできません」と他院で断られたことはありませんか?
デンタルチームジャパン福岡では、他院では断られてしまった骨量が少ない患者様でも、骨を増やす治療をすることにより、インプラント治療を可能にしています。当院が担当した豊富なインプラント治療の実績の中には、他院では無理だと断られてしまった症例も多く含まれています。

再生療法・骨造成治療について
サイナスリフト

歯を失ったことで薄くなってしまった上顎の骨の部分を厚くする治療法です。
上顎洞(顎の骨の上にある大きな空洞)の膜を剥がして持ち上げ、そのすき間に移植骨や骨補填材を充填。 骨になるのを待ってインプラント埋入に必要な骨の厚みを確保します。

ソケットリフト

上顎の骨が薄く、インプラントが埋められない場合に行います。
特殊な器具を使って、歯を失った部分から骨のもととなる骨補填材を注入し、粘膜を押し上げます。
それが、骨になるのを待って上顎の骨の厚みを確保するのです。

スプリットクレスト

専用の医療機器と高度な技術が要求されます。
薄くなった骨を分割して、そのすき間にインプラントと骨補填材を詰めて縫合。骨が増加し、インプラントがしっかりと固定されるまでには6ヶ月ほどかかります。

GBR法(骨再生誘導法、Guided Bone Regeneration)

欠損した歯槽骨や顎骨などの骨組織の再生を促す治療方法です。
インプラント埋入後に骨が足りない場合、人工骨補填材と人工遮断膜(メンブレン)を使ってインプラントを被覆します。人工遮断膜によって線維組織の侵入を防ぎ、その間に骨系細胞が侵入分化し、骨を形成します。

骨移植について

インプラントをしたくても骨が足りない場合には骨移植を行うことがあります。
移植骨には、自家骨(自分の骨)や人工骨補填材を使用します。
自家骨はもともと自分の骨であるので、移植後も安定しもっとも優れた移植材です。
しかし、骨をどこからか採取しないといけない、採取量に制限があるなどの欠点もあります。また、人工骨補填材については、生体に安全で安定しているものを使用し、自家骨と同様な成分を有しております。

インプラントについての詳しい情報は下記をクリック

当院へのアクセス

デンタルチームジャパン福岡

デンタルチームジャパン福岡
福岡市博多区博多駅前3丁目-30-15
ライオンズマンション博多第15大京ビル2F
[月~金曜] 9:00~13:00 / 14:30~19:00
[土曜] 9:00~13:00 / 14:30~18:00
※日曜・祝日も診療可能です。
TEL: 0120-24-1818
〈日曜・祝日の診療日は事前にお電話にてご確認ください〉
※休診日はカレンダーにてご確認ください。

Doctors File