学会での活動

ホーム学会での活動

学会での活動について

学会とは

歯科医療現場では、日進月歩で技術的進化を遂げています。そのため、歯科医師らが研究成果を公開発表し、オープンな場で検討論議する場となります。インプラント系の学会だけでも数多くあり、代表的名学会として、日本顎顔面インプラント学会、日本口腔インプラント学会、日本口腔外科学会などがあります。

また学会には、資格制度が設けられており、会員<認定医<専門医<指導医となります。 デンタルチームジャパンでは、上記でご説明した、日本を代表する学会での資格制度最高位である「指導医」の歯科医師が在籍しております。

認定医・専門医・指導医 制度とは

代表的名学会の認定医として認められるには、受講者自らが行った多くの症例実績をはじめ、厳しい審査基準をクリアする必要があります。 さらに、その認定医が非常に難関な試験をクリアすることで、専門医をいう資格を取得することができます。 それに加え、最低10年のインプラント診療への従事と、インプラント埋入手術合計100例以上の執刀指導を経験して初めて、専門医を指導できる上位資格である「指導医」となれるのです。 デンタルチームジャパンには、この「指導医」である歯科医師が在籍しております。

通常多くの歯科医師は、会員として各学会に新しい研究成果、技術を学びに参加しています。 先に説明したように、学会は日々の研究結果を公開発表する場であるため、デンタルチームジャパンの歯科医師たちは、参加をするだけではなく、発表をする立場、会員に受けた講義をする立場で参加をしております。

社会貢献

デンタルチームジャパンでは、日本を代表する各学会の指導医の歯科医師が、オペや治療はもちろん、当院セミナールームを使用して最新技術を学会に参加、所属出来ない歯科医師たちにも、技術向上のため勉強会やミーティングを定期的に開いております。

日本の歯科医療現場(インプラント治療)のスキル底上げを本気で考えております。

このようにデンタルチームジャパンが誇る歯科医師たちは、日本を代表するインプラントの学会で指導医と言う立場で、会員などに向け、最新技術の発表、講演などによる指導を行っております。 その様な歯科医師の在籍こそ、患者様に安心で安全なインプラント治療を自信を持ってご提供できる理由なのです。

学会における研究発表

拡大した画像を開く[1,912KB]

JAMFI

お問い合わせはこちら

  • 提携医院
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 矯正歯科

ページのトップへ